読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいとこどり

色んな事のいい所どりをして行きたいです

観光客の自撮りにうんざりする奈良公園の鹿の写真が話題に

多くの人がいつでもどこでもセルフィーを撮る時代。

美しい自然や風景を自分の目で味わうことをせず、

“自撮り”に懸命になる観光客の姿はあらゆる場所で見かける。

そんな観光客にうんざりしているのは、どうやら動物も同じようだ。

このほど、そんな「うんざり感」を見事に表した最高のセルフィーショットが、

台湾人観光客によって撮影された。 (中略)

このほど、台湾人のホン・キキ(Hong Qiqi)さんが鹿と撮ったセルフィーを

Facebookの台湾コミュニティーアカウント「Baoliao Commune」に投稿し、

これが英紙『Metro』で取り上げられ拡散、大きな注目を集めている。

可愛らしく笑顔でポーズをきめているキキさんのすぐ後ろで、

鹿が横目でうんざりした表情を浮かべている。

キキさんと思われる女性が「私、セルフィーを撮るのが下手なのかな」との

コメントとともに投稿したこの写真には、ネットユーザーから

「いや、それよりもセルフィーにハマる人たちにうんざりした鹿の本音が表れているんだと思う」

といった声や「餌を先にもらえなかったから、ふてくされてるんじゃないの」

といった声が寄せられている。

奈良公園の鹿は観光客に慣れてしまっているため、彼らを「餌をくれる人」と認識している。

「セルフィーに協力してほしいなら先に渡すものを渡してからでないとイヤ」という鹿の思いが、

たまたまこの写真に反映されてしまったのだろうか。