読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいとこどり

色んな事のいい所どりをして行きたいです

バラバラにされた弟、姉との3つの約束を破っていた

酒々井町の住宅で切断された遺体が見つかった事件で、

死体損壊容疑などで逮捕された竹内愛美容疑者(25)が弟の諒さん(21)

殺害に関する供述を続けている。

かつては近所でも仲良し姉弟として知られていたのに、どうしてバラバラ殺人事件が起きたのか。

竹内容疑者は県警の調べに

「遺体は弟。小さなことで弟ともめ、殺害してしまった。処理に困り解体して捨てようと思った」

と話している。

約5年前に父親孤独死し、姉弟でこの家に移り住んだ後は、バイクに2人乗りしている姿が

目撃されるなど仲が良かった。しかし今年になって2人で出掛ける姿は見られなくなったようで、

険悪になったのは今年になってからという話が聞かれる。

それにしても「小さなこと」で殺害にまで及ぶとは、一般的には考えにくい。

「姉弟の2人暮らしをするにあたって、大まかにはルールが3つあったようです。

そのすべてを弟が破っていた」と地元関係者。

1つは「生活費の折半」。食材などの買い物は領収書を取っておいて、

月末に折半して払っていたという。しかし諒さんが竹内容疑者の領収書を捨ててもめるなど、

トラブルがあったという。

3階建ての家で、2、3階の住居スペースで住み分けしていた。そこで「勝手に部屋に入らない」

とのルールもあった。しかし、

諒さんは竹内容疑者が留守にした部屋の写真を撮ってSNSにアップするなどしていた。

さらに「友達を家に入れる時は事前許可が必要」というルールがあったという。

地元関係者は「弟が姉の部屋の隣にある妹の部屋をまるでゲームセンターみたいな

音ゲー部屋”に改造。音ゲー部屋にひっきりなしに音ゲー仲間を連れ込んで、

たまり場になっていた」と指摘する。

諒さんはツイッターで「音ゲー屋敷ならぬ音ゲー部屋へようこそ。スタッフ一同皆様の

御来園お待ちしております」と“宣伝”までしていた。

この3つのルール破りという「小さなこと」で、竹内容疑者はストレスがたまりにたまって

爆発したのだろうか。